ペンを持った男性

業務案内

債務整理のことで悩んでいませんか?

一人で悩まずにご相談ください!

借金の返済でお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

経験豊富な司法書士が早期解決に向けてお手伝いいたします!

資料分析中の男性

業務内容

矢印
クレジット・サラ金問題

お客様一人ひとりの状況に合わせて最適な手段を考えます

 

こんな悩みはありませんか?

電話をしながら頭を抱えるビジネスマン

経済的に行き詰ってしまった

資料確認をするビジネスウーマン

借金の減額をしたい

通帳を持った男性

支払をしていくことが困難

喧嘩をするリラックスウエアを着たぐカップル

返済が厳しいけどマイホームは残したい

借金

保証人になってしまい借金がある

電話をしながら頭を抱えるシニア女性

借金を免除してもらいたい

自己破産

支払い不能に陥っている場合、裁判所に破産の申立てを行い、免責を得ます。

民事再生

支払いが難しくなっている場合、裁判所に民事再生の申し立てを行い、債務の一部を放棄してもらいます。

任意整理

債務者の委任を受けて、任意整理を開始すると取り立て行為が禁止されます。

過払金返還請求

違法な金利による貸付から払いすぎている場合があります。

払いすぎたお金を返還してもらいます。

放っておくと時効により返ってきません。

(※クレサラ問題の初回相談無料!)

​過払い金とは

貸金業者に払いすぎてしまったお金のことです。

法律上支払いする必要がないお金を払っていた場合・・・

貸金業者にお金の返還を請求することが可能となります。

過払い返金の手続き:

長期間借り入れをしている場合は相当の過払い金が返還される可能性もあります。

個人再生手続きと自己破産の違い

個人再生・・・

減額された借金を3年かけて返済していきます。

借金は0にはなりません。

自己破産・・・

全財産を手放すことになりますが、借金が0になります。

大きな違い:

個人再生の場合はマイホームを残すことができる可能性があります。

書類にサインをする女性

こんな悩みはありませんか?

遺言をどう書けばいいかわからない

財産の相続を特定の人だけにしたい

借金も相続しなければいけないの?

相続手続き、何から手をつければ?

相続人の一人が行方不明なのですが・・・

財産の管理・運営の仕方がわからない

相続問題について経験豊富な司法書士が解決します!

お電話はこちら

TEL:0569-32-2030
相続

遺産の相続問題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

相続手続きの流れ

遺言書の有無の確認・発見

矢印

相続財産と相続人の調査・確定

矢印

相続方法の決定、手続き

矢印

遺産分割

矢印

名義変更

矢印

お客様のケースに応じて、その時点で出来るベストな解決策をご提案します

◆相続◆遺言書作成◆成年後見

「ていねいな対応、わかりやすい説明」をモットーにしています。

どうぞ身近な相談相手として、問題解決はお任せください。

相続手続きの内容

ご家族が亡くなった場合の手続き内容をご紹介いたします。

資料分析中の男性

3種の遺言

遺言には3つの種類があります。

公正証書遺言

遺言内容を公証人に作成してもらう遺言書のこと。

この遺言方法がもっとも確実です。

自筆証書遺言

遺言者が自筆で作成した遺言書のこと。ワープロでの作成は無効です。

印鑑を押す必要があります。

秘密証書遺言

自分が死ぬまで他人に知られたくない内容を遺言書に書き

証人2名と公証人に提出し封をしたまま公証をしてもらいます。

遺言

遺言書を作成したい方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

「無料相談受付中!」

お悩み解決の糸口を見つけ出します。

大切な方へ遺す遺言書の作成・トラブルのない遺言相続のためのご相談・事業が代替わりされた時の各種変更手続き

身近な相談相手として問題解決はお任せください!

資料分析中の男性

​後見の種類

後見には2つの種類があります。

法定後見

判断能力が落ち支援が必要な時に、家庭裁判所が後見人を選任します。

任意後見

判断能力が充分なうちに後見人を自分で選び契約しておきます。

成年後見

判断能力が低下した方に対し法律面や生活面を支援する制度です。

認知症や知的障害・精神障害などで判断能力が不十分になった場合に安心して生活できるお手伝いを行います。

お困り事がありましたらご相談ください。

資料分析中の男性

信託

老後、財産の管理を子供に託したい

老後、財産の管理を子供に託したい

信託

お困り事がありましたらご相談債ください。

資料分析中の男性

不動産登記

建物の新築・増築・購入

建物を新築購入したとき

相続(名義変更)

不動産の全部又は一部を贈与、又は売買するとき

売買・贈与

売主(贈与者)と買主(受贈者)が共同で登記申請をします

抵当権の抹消

不動産を担保にしていた返済が終わったとき

不動産登記手続きに必要な書類のご案内から、法務局との打ち合わせ、登記の申請、完了後の権利証等の受渡しまで荒川正志事務所が責任を持って行います。

不動産登記

トラブルを避けるために、早めの登録をお奨めしております。

資料分析中の男性

会社登記

会社設立

株式会社を設立したとき

一般社団法人設立

一般社団法人の設立から運営まで

役員変更

取締役や監査役の就任、辞任、解任、死亡により変更したとき

本店移転

本店を移転したとき

増資

事業拡大のために資本を増加したい場合

有限会社から株式会社への変更

商業登記手続きに必要な書類のご案内から、法務局との打ち合わせ、登記の申請、完了後の権利証等の受渡しまで責任を持って行います。

会社登記

ビジネスの好スタートを狙うなら会社登記から